交通事故

事故物件

立川市錦町の住宅街で脱法ハーブを使用したことによる自動車事故が発生 運転手は死亡した(2014年7月10日)

脱法ハーブを吸っていたと思われる男性(37歳・埼玉県狭山市)が運転する車が電柱に衝突する事故が起きた。軽自動車は大破しており、電柱には血痕とみられる赤い液体が大量に飛び散っている。
事件現場

武蔵村山市の新青梅街道で起きた追突事故 立川消防署の消防士が逮捕された事件 心霊スポット「三ツ木交差点」のすぐ近く(2023年5月13日 – 情報更新2023年7月5日)

武蔵村山市の新青梅街道で起きた追突事故 立川消防署の消防士が逮捕された事件 心霊スポット「三ツ木交差点」のすぐ近く
事故現場

国立病院機構災害医療センター駐車場 83歳女性の運転ミスにより30代の男女が死亡した事故 – 2016年11月12日

立川市緑町、昭和記念公園とIKEA立川の間に位置する国立病院「国立病院機構災害医療センター」の駐車場で、83歳の女性が運転する乗用車が暴走し、会社役員の男性(当時39歳)とパートの女性(当時35歳)がはねられて死亡する事故が起きた。